中年化とうつ病に立ち向かう技術者オヤジの『生き方研究所』

中年だってうつ病だって仕事も遊びもカッコ良く豊かでありたい!そのために何をすれば良いか?思案したり行動してみた記録を発信していきます!

MENU

【私のうつ病体験】回復のきっかけ〜大学時代編

どうも、こうちんです。

少し記事の更新が空いてしまいましたが、今日は久しぶりのこのシリーズ「私のうつ病体験〜大学時代編」についてお話ししたいと思います。

 

f:id:kochin-kun:20190421200647p:plain

前回は「浪人時代編」ということで、以下の記事にてお話ししました。

 

www.kochin-kun.com

 今回はその続編となります。

 

ちなみに今回のお話は、「うつ病がすっかり良くなった!」という話で、どのような心境の変化や環境変化が回復をもたらしたのか?という視点で当時のことを振り返ってみたいと思います。

 

大学合格その後

さて、一年間の浪人生活の末努力が実り、めでたく憧れていた都内の私立大学への合格を果たしたこうちん君でした。

で、うつ病の症状はどうなったのかというと、、これが何と一気に回復してしまったんですよ!ホント今までのウジウジ気分は何だったんだ?というくらいにあっさりと。。

これまで、高校2年生あたりから浪人時代にかけて結構な長期にわたって苦しめられてきて、「もう一生このままなのか。。」とさえ思っていたのですが。。

「そりゃ、大学に受かったからでしょ」と一言でいってしまえばそれまでなのですが、もう少し「うつ病から回復した要因」について掘り下げてみたいと思います。

 

うつ病から回復した要因

失っていた「自信」を取り戻すことができた

まずはっきりと言える要因はこれかと思います。

なにしろ、

  • 高校受験に失敗した
  • クラスの中心的存在になれなかった、馴染めなかった
  • 部活でもレギュラーになれなかった

、、他にも色々あったかもしれませんが、自覚しているだけでもこれだけの「自信喪失要因」をきっかけに長期に渡る「うつ病」を発症してしまったわけです。

まあ、社会人としての厳しさを存分に味わってきた今の私からすれば「何を甘ったれとるんじゃボケぇぇっっ!!」てな話なわけですが(^^;)、当時のこうちん君にとってはこれが切実な悩みだったのです。。

これが「大学合格」をきっかけにすっかり失っていた「自信」を取り戻すことに繋がったのです。

大学の仲間たちに恵まれた

これも非常に大きかったですね。

入学したのは理系の学部学科だったのですが、これが何というか似たようなタイプの仲間が多くいて、それでいて明らかな「変人」も結構いたりで、、すごく居心地が良かったんですよ。

入学当初は馴染めるか不安もあったのですが、すぐに気の良い何人もの友人を作ることができました。

サークル活動などにも活発に参加することができたし、アルバイトで購入したバイクにハマり長距離ツーリングを楽しんだりと、まさにこれまで失われていた青春を謳歌することができたのです(^^v)。

 

まとめると

  • 何か一つ「自信」を得ること
  • 周囲の環境を好転させること

これが「うつ病からの回復」に繋がったのだと思います。

「周囲の環境」に関しては自分でコントロールすることは難しく、「運」によるところも大きいわけではありますが、「自信」に関しては努力と考え方次第で年齢や状況に関わらず獲得することができるものではないでしょうか。

 

というわけで、今日は「私のうつ病体験〜大学時代編」についてお話いたしました。

今回も、似たような症状に苦しむ仲間たちの回復へ向けたヒントにでもなれば、と願っています。

 

今日も訪問いただき、ありがとうございました。