中年化とうつ病に立ち向かう技術者オヤジの『生き方研究所』

中年だってうつ病だって仕事も遊びもカッコ良く豊かでありたい!そのために何をすれば良いか?思案したり行動してみた記録を発信していきます!

MENU

サマータイム導入のもたらす功罪について考える

どうも、こうちんです。

早いもので、来週からもう7月になるんですね。

多くの会社がそうかも知れませんが、うちの会社も7月からいわゆる「サマータイム期間」となります。

世に言う「働き方改革」の一環として数年前から導入されているわけでありますが、今日はこの「サマータイム」のもたらす功罪について考えてみたいと思います。

f:id:kochin-kun:20190627225801j:plain

うちの会社の「サマータイム」

うちの会社は7月から9月までの約3ヶ月間がこの期間となります。

具体的には、

  • 始業時間と終業時間を30分ほど前倒しする
  • 残業は基本禁止、やるとしても時間が制限される

というものです。

会社側から社員に向けてのメッセージとしては、

  • 業務内容を見直し、生産性向上に努めましょう
  • 家族と過ごしたり趣味や自己啓発の時間を大切にしましょう

なぁんて、いかにもな「綺麗事」を言うてるわけであります。。

社員はどう思っているのか?

で、この「サマータイム」、社員の評判はというと、、これがすこぶる評判が悪い!!

 何しろまず、毎朝30分も早起きしなきゃならないってのがツライですよね、、朝のこの30分の差は大きい。。

それに早く退社できるのは嬉しいとしても、結局次の日の朝早いので全て30分前倒しで行動しなきゃならない。。

ということで、結局のところ「生活リズムが狂うだけ」というのが大多数の実感で、喜んでいる人はほとんどいないっていうのが実情なんですよね。。

それと「残業の禁止」、これについても実は喜んでいる人はほとんどいないんですよ。。

なぜって、一方的に残業を禁止するだけで仕事の量は一切変わらず、終わらない仕事は明日以降に持ち越されるだけ、かと言って仕事の期限を延ばしてくれるかというと、もちろんそんなことはない。。

これじゃあ、ストレスが溜まるだけですよね。

会社のホンネは?

会社の上層部もおバカな訳じゃないはずなので、当然そんなことは分かっていると思うんですよ。

じゃあホンネのところはどうなのか?邪推してみると、、

  • 「サマータイム導入」ということを大々的に掲げ、企業イメージを良くしたい
  • 残業を禁止することで人件費を削減したい

てなところがホンネなんじゃないでしょうかね。。

少なくとも社員のためを思っての施策とはどうしても思えないんですよ。

社員の皆はそれを薄々分かっているので、実に冷ややかに受け止めてますよね。。

 

というわけで、今日はちょっとイヤーな話になりましたが、「会社と社員の関係」というものが時代とともに変わってきているのを感じます。

組織に対する帰属意識というものが、特に若い人たちほど薄れてきているのではないでしょうか?

モーレツに残業して気付いたら日付が変わっていた、、そんな社員の姿は今や天然記念物ものですよね(^^;)。

私はまだこの時代の変化に馴染めていませんが、我々世代は特にこの流れに対応していく術を身につけていく必要があるんでしょうね。

 

今日も訪問いただき、ありがとうございました。